新たな仲間と新たな取り組みを!

新たな仲間と新たな取り組みを!
はっぴぃひめじま支部

 はっぴぃひめじま支部は新しい健康づくりの取り組みとして「いきいき百歳体操」サークルを1年がかりで今年2月に立ち上げました。参加者からは「ペットボトルの蓋が開けやすくなった」「よろけずに立ち上がれるようになった」などの喜びの声が寄せられています。欠席が続く方には支部世話人が電話で声をかけて様子をうかがっています。

支部では、百歳体操を皮切りに、今年度になってコーラス、ピンポン、健康マージャンと4つのサークルができました。このサークル運動の中から、新しい支部世話人さんが増えました。「仕事をしている間は、家と職場の往復だけで、地域のことはまったく分かりませんでした。自分のできることを頑張りたい」と新しい世話人さんは決意を話してくれました。

これからもたくさんの「はっぴぃ」を多くのみなさんに広げようと支部世話人会では話し合っています。

2つめの百歳体操班ができた

「百歳」めざして生きいき体操

柏花支部では3年前から百歳体操に取り組み順調に発展してきました。参加登録も70人を越えるまでになりましたが、2階会場に登る階段が大変という声に1階スペースを工夫して、毎週水曜日に開催することになりました。
第1回は5月8日より西淀川区保健福祉センターの職員さんに来ていただき、安全性とマイペースに気を配りながら行いました。

いよいよ百歳体操スタート!!

いきいき百歳体操の体験会をはっぴいハウスにて2月5日(火)開催しました。西淀川保健センターから担当の保健師さんに来ていただき、オリエンテーション。
90歳の高齢女性が「いきいき百歳体操」を始めて3か月でスタスタと歩くビデオを視聴し「すごいねえ」「負けてられへん」「わたしもがんばろう」と皆さん口々に。保健師さんの指導で椅子に座ってゆっくりした体操が始まると、「けっこうきついね」「これは運動になるわー」と楽しくいい汗をかきました。

2月26日から定期開催が始まります!(毎週火曜日1時〜2時)

御幣島支部の班会、サークル活動で広がる輪

西淀川区の保健師を講師に班会に取り組む百歳体操の参加者

御幣島支部は「在宅総合センターらくらく」を中心に活動しています。毎週木曜の「いきいき百歳体操」は登録者が40名を超え、参加者も20数人と定着し保健師の班会を月1回開いています。健康に対する意識の高さを実感しています。第2、第4(水)のピンポンサークル、第4土曜の「映画サークル」も皆さん楽しみにしています。西栄寺でのスクエアステップを通じてお友達になったり、友の会新聞の投稿欄を見て「この方ピンポンにお誘いしては!」と気にかけて下さる世話人さんも生まれています。

いきいき暮らし続けることを目指して、百歳体操を取り組んでいます!

高齢者が住み慣れた場所で元気にいきいき暮らし続けることをめざして、2016年6月から順次、西淀川区内の各地域で取り組みが進められています。西淀川・淀川健康友の会では、2017年2月に柏花・塚本の両支部が西淀川区柏花老人クラブと西淀川区健康づくり協議会(つくし会)と共催で柏花センターにて開始(毎週月曜日13:00~14:00・祝日休会)したのを皮切りに現在、御幣島支部(場所:旧在宅福祉総合センターみてじま)と姫里支部(場所:にこにこひろば)にて、毎週木曜日 10:00~11:00)開催しています。取り組みを通じて、新たな会員や地域住民の方々とのつながりや担い手づくりがうまれています。「私の支部(地域)でもはじめたい」という方、是非、ご連絡ください。