ぜひ「無料低額診療」を相談してみませんか!

ぜひ「無料低額診療」を相談してみませんか!
コロナで大変!医療が受けれない

世界中がこれまで経験したことがない新型コロナという脅威とたたかいながら新しい年を迎えました。本来なら新年を家族や親しい仲間とお祝いしながら過ごしたいところですが、それもままならず、皆さん不安な気持ちでお過ごしなのではないでしょうか。

無料低額診療どんな制度

感染に対する不安もありますが、経済活動が停滞したことにより、倒産や事業縮小による自宅待機や雇止め、解雇などの事例が全国的に増加し、経済的に困窮する方の事例が数多く報告されています。
何度か、「健康の友」でも紹介させていただいたことがありますが、淀川勤労者厚生協会の病院、診療所では無料低額診療事業を実施しています。
対象となる患者さんが一緒にお住いの方全員の収入が生活保護基準の150%に満たない場合、申請に基づき段階的に医療費を減額、または免除させていただく制度です。西淀病院では、2011年8月より開始しています。

コロナで経済的困難で利用相談に

4月以降、コロナ禍を起因とする経済的困窮を理由に無料低額診療の利用相談に来られる方が増えています。例えば、

「ホテルの清掃の仕事をパートでしていたが、観光客の激減で仕事がなくなり解雇された。」
「アルバイトで勤めているお店が緊急事態宣言を受け休業し、再開のめどが立っていない」
「ホテルやバーなどを顧客とした自営業だが、4月以降仕事がほぼもらえず、困窮している」
「もともと無保険。非正規雇用で生活していたが、コロナで仕事がなくなった。体調が悪いがお金がなくて病院にかかれない」

といった事例が、対応した医療ソーシャルワーカーから報告されています。

まずは無料低額診療で医療を保障

相談に来られた方には無低を申請していただき、まずは必要な医療を保障した上で、生活保護や緊急小口貸付など他の社会保障制度のご案内など、医療だけではなく生活全体を支える支援を行っています。
もし、皆さん自身や周りの方で同じようにお困りの方がおられましたらご相談ください。西淀病院、のざと診療所は西淀病院医療福祉相談課のソーシャルワーカーが、各診療所は事務長が対応窓口となっております。事前にお電話をいただきましたら、申請に必要な書類等のご案内をさせていただきます。

来年のお正月は、みんな笑顔で

 それにしても、今回のコロナ禍のような非常時は非正規雇用や元々低所得の方が真っ先に影響を受けることを実感しました。改めて、社会保障の充実を国に訴えていく必要があると感じています。

2022年のお正月はコロナも落ち着き、みんなが笑顔で迎えられることを心から祈ります。

※無料低額診療事業申請に当たっては承認の条件がありますので、お電話いただいた際に詳細ご確認ください。

無料低額診療のページへ

みんなの願い「世界中の核兵器をなくそう」のメッセージを送ろう!

核兵器に関するすべてが違法に

2017年7月に国連が採択した核兵器禁止条約の批准国が50か国に達成しました。これで条約は2021年1月22日に発効します。これで核兵器は、開発、実験、製造、貯蔵、使用、威嚇のすべてが違法になります。

核兵器に「悪の烙印」を

核兵器禁止条約が出来たからと言って直ちに核兵器がなくなるわけではありません。しかし、「悪の烙印」を押すことで核兵器に依存する国々の政策に正当性を失わせ、核軍縮を促進させることがあると考えられます。条約の採択後、各国の銀行など金融機関において核兵器製造企業に投融資を行わないという方針を発表する動きが加速したり、ワシントンやパリなど核兵器禁止条約支持を政府に訴える地方自治体の声も日増しに大きくなっています。

日本は核兵器廃絶の先頭に

残念なことに、日本政府は、核大国のアメリカに同調し、「核兵器廃絶のアプローチが違う」と言って条約に背を向けています。日本はただ一つ、原爆の悲劇を体験した国です。その被害の実相と被爆者の苦しみを世界に伝え、核兵器廃絶の先頭に立つべき責任のある国です。今日本では、高校生がメッセージを国連に送ったり、日本カトリック司教協議会会長がが「日本が核兵器禁止条約の先頭に」のメッセージ出したり、広島・長崎の市長が「国会で議論を」と要請するなど動きが活発になっています。

風船を飛ばし「核兵器なくそう」のメッセージを伝えよう

2021年1月22日、西淀川・淀川健康友の会は、「戦争はアカン西淀川実行員会」の行う「風船飛ばし」企画に参加します。この企画は核兵器禁止条約発効を祝って行うものです。会員のみなさんも、当日参加できないみなさんもぜひメッセージを書いて、核兵器のない世界を目指して一歩を踏み出しましょう。

新年のごあいさつ

「希望をひらく」2021年をつくりましょう!

 「健康の友」ご愛読のみなさん、新しい年を迎え、いかがお過ごしでしょうか。

 昨年は、新型コロナ感染症が広がり、命・健康・くらし・営業がおびやかされ続けた年でした。「アベノマスク」「イソジン」など、笑い話ではすまされない政治の貧困を強く感じた年でもありました。同時に、住民投票では「大阪市存続」が再び多数となり、歴史的勝利を実現した年でもありました。あらためて、みなさんのご支援に深く感謝申し上げます。

 新年においても、新型コロナ対策が最優先となります。この点では、様々な立場の違いを越えてしっかり協力し、一刻も早く終息させていかなければなりません。「松井市長は制度いじりをやめて、コロナ対策を最優先に」―この声を大きく上げていきましょう。

 あわせて、今年は「高齢者の介護保険料」改訂の年であり、医療や介護制度改悪の動きにも目が離せない年でもあります。また、10月までには必ず総選挙が行われる年となります。
 住民投票での教訓でもあった「草の根の力」「共同の力」「真実の力」を発揮して、みんなで「希望ひらく」2021年をつくっていきましょう。

西淀川・淀川健康友の会 会長
北 山 良 三

コロナ禍で、シニア世代が気を付けたいフレイルを予防しましょう!

友の会の皆様、めっきり涼しくなり、紅葉の季節となりましたね。
コロナ感染拡大を防止するために、三蜜(密閉・密集・密接)を避けるように!外出を自粛するように!と言われ、友の会活動も行えず、会いたい人にも会えないさみしい思いをされている方も多いのではないでしょうか。働きざがりの多くの方々も仕事が減り経済的にも厳しい状況下で、学校の勉強も詰め込まれ、楽しい行事も減り、かつ休暇が減ったりと、子どもも大人も厳しい生活が強いられています。

4月にもフレイルについて書かせてもらいましたが、家の中で閉じこもり生活が続き、昼夜逆転になったり、身体や頭の動きが低下したり、歩くことや身の回りのことなど、生活動作が行いにくくなったりして、フレイル(虚弱)が進んでいきますね。フレイルが進むと、体の回復力や抵抗力が低下し、自分で自分の事ができなくなり、要介護状態になっていくといわれています。(図1)

図1:フレイルという状態

 

身体のフレイルだけでなく、心のフレイル、そして社会的なフレイルもあいまってフレイルサイクルが回っていきます。この負の連鎖をいかに早期から断ち切るかがとても大事であるといわれています。

私の患者さまの中にも、仕事もなく一人で家でアルコール飲酒が増えた方や、病院の面会が禁止となり大切な家族と最期の時間を持つことができなかったり、夏場はデイサービスが中止となっていたことからあっという間に足腰の筋力が弱り、ようやく涼しくなり屋外に出たところで転倒したりと、コロナ時代には多くのストレスを抱えて過ごされている方々がたくさんいます。

フレイル予防の3つの柱

フレイル予防のための3つの柱として➀「栄養 (食・口腔機能)」②「身体活動(運動)」③「社会参加(仕事・余暇活動・ボランティア)」があり、それぞれ住民個々人が継続できるような形で取り組むことが必要であります。(図2)

このような時こそ、ご家族や友達、地域のつながりを活かして、電話や手紙、メールなども利用しながら、心のつながりを感じていきたいですよね。友の会活動もコロナ感染者状況を見ながら、屋外でできる取り組みから始めていければいいですね。

図2:フレイル予防のための3つの柱

 

フレイル予防としては3つの柱にそって➀栄養バランス(難しければ色どりよい食事を意識する)のとれた食事②規則正しい生活、家の中でストレッチや階段昇降、庭いじり、窓や床など体を目いっぱい使って掃除する、屋外でも人と距離を保ち合がら散歩やランニングをする ③電話などでお友達と話したり、室内でできる読書や手作り工作、園芸、裁縫、パズル、トランプなどで コロナに負けない体力づくりを進めていきましょう。

電話で人とのつながり

フレイル予防で健康を守ろう!

千北診療所 副所長 野口医師

今年の秋・冬は新型コロナとインフルエンザの同時流行に注意しましょう!

新型コロナウイルスが世界的に大流行し、以前と比べて感染症の予防に対する意識が高まり、大多数の方が暑い夏もマスクを着用して感染予防対策に努められてきたことと思います。しかし、寒い季節になって来るとインフルエンザの流行も忘れてはいけません。

重症化の可能性あるインフルエンザ

インフルエンザとはインフルエンザウイルスの感染により38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が現れる病気です。
小児ではまれにインフルエンザ脳症を起こしたり、高齢者や慢性疾患を持つ方が感染すると、肺炎などを起こして重症化し死亡する可能性もあるため、注意が必要な感染症です。

今までとは違う冬
マスクの着用、うがい、手洗いを

今年の冬は今までとは違い、新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行する恐れもあります。これまで行ってきた新型コロナウイルスの感染予防対策と同様に、引き院きマスクの活用やうがい、手洗いを行っていきましょう。
また、新型コロナウイルスとは違い、インフルエンザでは予防接種があります。特に高齢者では肺炎など重症化を防ぐのに予防接種は効果がある、と言われています。
インフルエンザワクチンの効果は5か月程度しか持続しないことや、毎年流行すると予想されるウイルス株をもとにワクチンが製造されることにより、インフルエンザの予防接種は毎年必ず受けるようにしましょう。

流行が始まる前に予防接種を

注意したいのは、予防接種を受けてから体内で抗体ができて予防接種の効果が出始めるのに、2週間程度かかることです。インフルエンザが流行し始めるのは毎年12月頃からですので、流行が始まる前に予防接種を済ませておきましょう。
今年は新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行する可能性を考慮し、65歳以上の高齢者などリスクの高い人が予防接種を無料で受けられるように、全国の自治体が助成対象を広げています。まずはかかりつけ医に相談してください。
皆さんで新型コロナウイルスとインフルエンザの流行を乗り越えましょう。

西淀病院内科医師