座ってできるスクエアステップ

座ってスクエアステップを楽しむ参加者

楽しみながら、転倒防止と認知症予防、大笑いして免疫力もアップするエクササイズ「スクエアステップ」が大好評!しかし「膝や腰が痛いから…」と諦めておられる方に吉報です。イスに座ってできるスクエアステップをやっているんです。
のざと診療所で月2回(第2・4の火曜日)昼12時30分〜13時頃まで、みんなで楽しくやっています。杖歩行や押し車を使用されている方におすすめです。
ご一緒に「貯筋」しませんか?見学だけでも大歓迎。のざと診療所友の会コーナーまでお問い合わせ下さい。

年はじめの恒例餅つき大会を開催

餅つきに挑戦する子どもの参加者

柏花支部毎年初めの恒例もちつき大会を1月25日に行いました。前日も含めて早朝7時より準備をして作業を始めました。
毎年当日まで天気の心配でハラハラしましたが幸いなことに餅つき作業の終了まで無事に行うことができました。
高齢化が進むもとで作業の担い手が少なくなるなか、地域からたくさんの会員さんや子どもさんも手伝いにかけつけてくれ、餅つきや丸めを行っていただきました。ありがとうございました。

「スクエアステップサークル(準備会)」立ち上げ

楽しみながらスクエアステップ

西淀川・淀川健康友の会全体で広がりを見せているスクエアステップ教室ですが、ふれあい三国支部では、「教室してほしい!」の声があったもののなかなか開催できずにきました。この度、職員の人事異動や新たな指導者の養成で、月1回ですが定例で行えることとなりました。継続して取り組み、次回のスクエアステップフェスタには大勢で参加したいと思います。

「準備会」となっているのは、友の会員さんの担い手が決まっておらずやむを得ず…。楽しんでステップを踏みながら正式にサークルとして活動できるようにがんばります!

食事をしながら担い手交流会

20人が楽しくゲームをやりました

2019年12月10日、竹島加島支部の担い手交流会を行いました。
「健康の友」の折込み、配布、食事会ボランティアが20人ほど集まり、食事をしながら自己紹介などで楽しく会話が弾みました。最後にビンゴゲームや合唱もして皆さんにとても喜んで頂けました。
これからも皆で頑張りましょうと約束し、2019年度最後の会を締めくくりました。

千北支部のお餅で迎えるお正月

「搗いて」「まるめて」おいしい餅つき!

12月21日恒例の餅つき大会を行いました。ついたお餅は三斗半!約50㎏です。
生活と健康を守る会のみなさんや、地域のボランティアさんの力を借りて、美味しいお餅をつくことができました。
「お正月に帰ってくる子どもや孫に食べさせたい!」「近所のお世話になっている方々に配りたい!」とみなさんたくさん買って帰られました。冬の風物詩でもある餅つきを、見て食べて楽しんでいただけたのではないかと思います。