ぜひ「無料低額診療」を相談してみませんか!

ぜひ「無料低額診療」を相談してみませんか!
コロナで大変!医療が受けれない

世界中がこれまで経験したことがない新型コロナという脅威とたたかいながら新しい年を迎えました。本来なら新年を家族や親しい仲間とお祝いしながら過ごしたいところですが、それもままならず、皆さん不安な気持ちでお過ごしなのではないでしょうか。

無料低額診療どんな制度

感染に対する不安もありますが、経済活動が停滞したことにより、倒産や事業縮小による自宅待機や雇止め、解雇などの事例が全国的に増加し、経済的に困窮する方の事例が数多く報告されています。
何度か、「健康の友」でも紹介させていただいたことがありますが、淀川勤労者厚生協会の病院、診療所では無料低額診療事業を実施しています。
対象となる患者さんが一緒にお住いの方全員の収入が生活保護基準の150%に満たない場合、申請に基づき段階的に医療費を減額、または免除させていただく制度です。西淀病院では、2011年8月より開始しています。

コロナで経済的困難で利用相談に

4月以降、コロナ禍を起因とする経済的困窮を理由に無料低額診療の利用相談に来られる方が増えています。例えば、

「ホテルの清掃の仕事をパートでしていたが、観光客の激減で仕事がなくなり解雇された。」
「アルバイトで勤めているお店が緊急事態宣言を受け休業し、再開のめどが立っていない」
「ホテルやバーなどを顧客とした自営業だが、4月以降仕事がほぼもらえず、困窮している」
「もともと無保険。非正規雇用で生活していたが、コロナで仕事がなくなった。体調が悪いがお金がなくて病院にかかれない」

といった事例が、対応した医療ソーシャルワーカーから報告されています。

まずは無料低額診療で医療を保障

相談に来られた方には無低を申請していただき、まずは必要な医療を保障した上で、生活保護や緊急小口貸付など他の社会保障制度のご案内など、医療だけではなく生活全体を支える支援を行っています。
もし、皆さん自身や周りの方で同じようにお困りの方がおられましたらご相談ください。西淀病院、のざと診療所は西淀病院医療福祉相談課のソーシャルワーカーが、各診療所は事務長が対応窓口となっております。事前にお電話をいただきましたら、申請に必要な書類等のご案内をさせていただきます。

来年のお正月は、みんな笑顔で

 それにしても、今回のコロナ禍のような非常時は非正規雇用や元々低所得の方が真っ先に影響を受けることを実感しました。改めて、社会保障の充実を国に訴えていく必要があると感じています。

2022年のお正月はコロナも落ち着き、みんなが笑顔で迎えられることを心から祈ります。

※無料低額診療事業申請に当たっては承認の条件がありますので、お電話いただいた際に詳細ご確認ください。

無料低額診療のページへ

コロナ禍で、シニア世代が気を付けたいフレイルを予防しましょう!

友の会の皆様、めっきり涼しくなり、紅葉の季節となりましたね。
コロナ感染拡大を防止するために、三蜜(密閉・密集・密接)を避けるように!外出を自粛するように!と言われ、友の会活動も行えず、会いたい人にも会えないさみしい思いをされている方も多いのではないでしょうか。働きざがりの多くの方々も仕事が減り経済的にも厳しい状況下で、学校の勉強も詰め込まれ、楽しい行事も減り、かつ休暇が減ったりと、子どもも大人も厳しい生活が強いられています。

4月にもフレイルについて書かせてもらいましたが、家の中で閉じこもり生活が続き、昼夜逆転になったり、身体や頭の動きが低下したり、歩くことや身の回りのことなど、生活動作が行いにくくなったりして、フレイル(虚弱)が進んでいきますね。フレイルが進むと、体の回復力や抵抗力が低下し、自分で自分の事ができなくなり、要介護状態になっていくといわれています。(図1)

図1:フレイルという状態

 

身体のフレイルだけでなく、心のフレイル、そして社会的なフレイルもあいまってフレイルサイクルが回っていきます。この負の連鎖をいかに早期から断ち切るかがとても大事であるといわれています。

私の患者さまの中にも、仕事もなく一人で家でアルコール飲酒が増えた方や、病院の面会が禁止となり大切な家族と最期の時間を持つことができなかったり、夏場はデイサービスが中止となっていたことからあっという間に足腰の筋力が弱り、ようやく涼しくなり屋外に出たところで転倒したりと、コロナ時代には多くのストレスを抱えて過ごされている方々がたくさんいます。

フレイル予防の3つの柱

フレイル予防のための3つの柱として➀「栄養 (食・口腔機能)」②「身体活動(運動)」③「社会参加(仕事・余暇活動・ボランティア)」があり、それぞれ住民個々人が継続できるような形で取り組むことが必要であります。(図2)

このような時こそ、ご家族や友達、地域のつながりを活かして、電話や手紙、メールなども利用しながら、心のつながりを感じていきたいですよね。友の会活動もコロナ感染者状況を見ながら、屋外でできる取り組みから始めていければいいですね。

図2:フレイル予防のための3つの柱

 

フレイル予防としては3つの柱にそって➀栄養バランス(難しければ色どりよい食事を意識する)のとれた食事②規則正しい生活、家の中でストレッチや階段昇降、庭いじり、窓や床など体を目いっぱい使って掃除する、屋外でも人と距離を保ち合がら散歩やランニングをする ③電話などでお友達と話したり、室内でできる読書や手作り工作、園芸、裁縫、パズル、トランプなどで コロナに負けない体力づくりを進めていきましょう。

電話で人とのつながり

フレイル予防で健康を守ろう!

千北診療所 副所長 野口医師

電話訪問で四苦八苦!

電話で「健康友の会御幣島支部の世話人をさせていただいている〇〇と言います。コロナなど大変な夏でしたがお元気にしてらっしゃいますか」まではスラスラと出るのですが、「インフルエンザの予防接種」や「住民投票」へ対話を繋げるのに四苦八苦です。
1軒でも2軒でもと、コールしています。たとえ、「お元気ですか」の声掛けだけに終わっても、電話に出られる方の(ご高齢とは思えない)「ありがとうございます」の元気な声に励まされ、合間、合間で自分たちのおしゃべりも楽しみながら頑張ってます。

フレイル予防で健康を守ろう!

フレイル予防で健康を守ろう!

 新型コロナウイルスで三密(密閉・密集・密接)を避ける為に外出自粛を余儀なくされ、身の回りの事など生活動作が行いにくくなっていませんか。今回は地域総合内科の野口医師にフレイル予防について書いていただきました。

 健康友の会の皆様、元気でお過ごしでしょうか?
 TVのニュースは新型コロナウイルス感染症のことばかりで、不安な思いで過ごされている事でしょう。また、感染拡大を防止するために、様々なイベント開催が中止となり、緊急事態措置として、三密(密閉・密集・密接)を避けるように!外出を自粛するように!と言われ、健康友の会活動も行えず、生活スタイルが一変している事でしょう。

適度な運動

フレイル予防の3つの柱

 もちろん、今は感染拡大を防止することが大事でありますが、一方、感染を恐れるあまり、家の中で動かない生活が長く続くと、昼夜逆転になったり、身体や頭の動きが低下したり、歩くことや身の回りのことなど生活動作が行いにくくなったりして、フレイル(虚弱)が進んでいきます。(図1)
 フレイルが進むと体の回復力や抵抗力が低下し、自分で自分の事ができなくなり、要介護状態になっていくといわれています。
 身体のフレイルだけでなく、心のフレイル、そして社会的なフレイルもあいまってフレイルサイクルが回っていきます。
この負の連鎖をいかに早期から断ち切るかがとても大事であるといわれています。
 フレイル予防のための3つの柱として①「栄養(食・口腔機能)」②「身体活動(運動)」③「社会参加(仕事・余暇活動・ボランティア)」があり、それぞれ住民個々人が継続できるような形で取り組むことが必要です。

心のつながりを感じて

 このような時こそ、ご家族や友達、地域のつながりを活かして電話や手紙・メールなども利用しながら心のつながりを感じていきましょう。
 そして、フレイル予防としては3つの柱にそって ①栄養バランス(難しければ色どりよい食事を意識する)のとれた食事 ②規則正しい生活、家の中でストレッチ(図2)や階段昇降、窓や床など体を目いっぱい使って掃除する、屋外でも人と距離を保ちながら散歩やランニングをする ③電話などでお友達と話したり、室内でできる読書や手作り工作、園芸、裁縫、パズル、トランプなどで笑顔を忘れずに過ごしていきたいものですね。

電話で人とのつながり

西淀病院 地域総合内科 野口医師

新型コロナウイルス感染防止のために

 新型コロナウイルスの感染が広がっています。是非については議論があるところですが全国の学校が一斉休校になる、春の選抜高校野球が中止になる、大相撲春場所が無観客相撲になるなど、私たちが、これまで経験したことのないような状況が日本でも世界中でも広がっています。一日も早い収束が望まれます。「感染しない、感染させない」ために日常生活で心がけることはどんなことでしょうか。
 西淀病院副院長の福島啓医師(ICD:感染制御医師)にお伺いしました。(編集委員会)

感染予防の基本3つ

-感染を防ぐために、どんなことに気をつけなければなりませんか。

福島 感染予防の基本は3つです。

  1. 感染しやすい場所を避けることです。屋内で人がたくさん集まる場所、換気の悪い密閉空間、たとえば、満員電車やライブやイベント会場、ゲームセンター、喫煙室などを避けることです。近距離での会話や発声を避けることも重要です。
  2. 感染した人はもちろん、濃厚接触の恐れのある人、かぜ症状があるか治ったばかりの人との接触を避けること。これらは相手が傷つかないように気をつけながら、自分と周りの人を守るためにしっかり気をつけることが必要です。
  3. 自分にかぜ症状があるときは外出しない。かぜ薬を必要とする人は外出しないことです。そして症状が続いて心配な場合は、帰国者・接触者相談センター(06-6647-0641)や最寄の保健所に相談するようにしてください。


混雑した場所・人混みを避ける

 

こまめな手洗い、マスク着用を

-日常生活の上で、心がけなければならないことはなんですか。

福島 ぜひ、次のことを心がけてほしいと思います。

  1. こまめに手を洗いましょう。こまめに石鹸で手を洗うこと、アルコール消毒液があればアルコール消毒をしましょう。洗っていない手で目や鼻、口などを決して触らないようにしましょう。
  2. マスク着用を心がけましょう。マスクは特にうつさないために必要です。咳エチケットに心がけることやマスクの取り外しはひもの部分を持ち、表面に触れないようにしましょう。
    マスクが手に入らない場合、新婦人新聞や週刊誌などにも自分でつくる方法も紹介されていますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。また、マスクができない場合は、意識してこまめに水分やお茶を取ることで、のどなどにウイルスが付着する時間を短くすることで感染予防が期待されます。いつもよりも意識して手洗い、水分をこまめに取るなどを心がけてください。
    また、食事からしっかり栄養を摂ることも忘れないようにと続けます。免疫力をつけるためにも、抗酸化作用のあるビタミンC(緑黄色野菜、果物など)や粘膜を強化するビタミンAやβーカロテン(レバー、うなぎ、緑黄色野菜など)などを中心に、栄養補給を行うのがおすすめです。
  3. 定期的に部屋の換気をしましょう。共有スペースや他の部屋も定期的に窓を開けるなど意識的に換気をしましょう。
  4. 毎日、体温チェックや健康状態に注意し、具合が悪い時は、特に現状ではまず電話でかかりつけ医に相談しましょう。

これらのことは、厚生労働省、大阪府などのホームページなどにも載っています。間違った情報に惑わされることなく、正しい情報のもとに行動しましょう。

-ありがとうございました。みなさんご一緒にがんばりましょう!


手洗い・マスク・換気