よどがわ世直し盆踊りに参加

健康チェックを行う友の会会員・職員のみなさん

今年43回を迎えた「よどがわ世直し盆踊り」。実行委員会を結成し開催。今年もゲリラ豪雨?で初日は開催直前で中止。出店準備を終えていた友の会の皆さんもびしょぬれで退散することに。
2日目はなんとか開催し、約2000人の参加がありました。クリニックあいと友の会ふれあい三国支部は健康チェックと模擬店で参加しました。準備も販売も大変でしたが、楽しく取り組みました。

「ふれあい」を実感して!

支部名の変更を提案する森松支部長

これまで、クリニックあい・みくに支部として活動してきましたが、5月の総会で名称変更を行い、「ふれあい三国支部」と決まりました。ファミリークリニックあいの1階に友の会の「ふれあいセンター」があり、日々そこを拠点に活動しており「ふれあい」という言葉は、身近に実感できるものでした。また、地名を入れようということで、ここも議論をして漢字の「三国」を入れました。末永く愛用していきたいと思います。

大いに笑い親睦もはかれた2年ぶりのバスツアー

すき焼き御膳を前に記念撮影

友の会みくに支部バスツアー、2年ぶりに開催しました。2019年4月10日40名の参加でクリニックあいを出発しました。
朝からの雨で肌寒く楽しめるか少し不安でしたが安土・八幡の水郷めぐりに到着。2組に分かれて西の湖を1時間案内を聞きながらめぐりヨシの刈り取り後や、焼かれた後を見ました。桜の花が満開で、天気だったらもっときれいに見れたかと感じました。
お腹をすかせてお昼は美味しい近江牛のすき焼き御膳を食べ満足。午後は近江八幡市内観光で歴史を感じながらの散策でした。大いに笑い、親睦もはかれた一日でした。

秋の健康まつり!200人が参加し、みんな喜んだよ!

「健康まつり」でハンドベルに取り組む職員たち

11月11日(日)秋晴れの中、健康まつりを開催しました。200人を超える参加があり、大成功。舞台では、職員のハンドベル、花房所長の「かかりつけ医のすすめ」のお話、うたごえサークルによる「みんなで歌おう」コーナー、健康体操、漫才、盆踊りと盛りだくさん。模擬店・子どもコーナー・おもちゃ病院も喜ばれました。

平和の人として生きる

 「平和のつどい」を9月16日(日)長教寺にて、15人参加で行いました。連休の中日のこともあり、参加は少なめでした。
 支部世話人の宮島さんから、淀川区の戦跡についてのお話しや“クリニックなごみ”事務長からは、原水禁世界大会報告をしていただきました。戦争体験では、会員の狭川さんから、被爆のお話しをしてくださいました。長教寺住職の講和で、宗教者としての自分たちの宗派の戦争への態度や歴史をお話しがあり、感銘を受けました。