「認知症予防にいいよ」と声をかけて

「認知症予防にいいよ」と声をかけて

あい・みくに支部(ふれあい三国支部)
健康マージャン

 2017年5月のカラオケ会でお隣さんが「マージャン会があればいいのにね」と「認知症予防にいいので私もやりたいね」と丁度4人いましたのでやりましょうと気が合いました。支部長に許可をもらいビラも作って麻雀サークルを立ち上げました。第1回目を5月19日と決めて集まりました。
しかし、支部センターには四角い机がなく、1人だけ立ち上がって手を伸ばして牌をめくらなければなりません。安上がりな中古品を探しましたがありません。ホームセンターで組み立てパイプを探し加工して台を1台作りました。

2回目にはルール等も作り会費も1回100円、中級者までとして開催しました。参加者・見学者も入れて6人、ビラのおかげもあり人が集まり始めました。「こちらも認知症予防にいいですよ」と声をかけあいます。

次回までにもう1台作らないと集まってくれた人に台が無いので、日曜大工に詳しい人がおられてベニヤ板で組み立て造ればと知恵を出してくれ、ベニヤ板で組み立て式を作って貰いました。

3回目には11人と開催するたびに参加者が増えているので、もう一度ベニヤ板組み立て式を作ってもらいました。計3台12人の中には未経験者もいて大変です。「役一覧」をコピーして覚えてもらうことにしました。歳もとっているので中々覚えるのも大変で、最初は13枚の牌を表向きにして教えています。開催日はいつも3台使用しています。参加者が多い時は初心者だけを集めて机の上で牌を表向きで役を教えています。

あいでは「認知症予防、指の運動・脳の使い方でいいですよ」と麻雀サークルは人気です。

初心者にも丁寧に教えています!

問合せ:ファミリークリニックあい
☎06-6150-2051

楽しく元気に みんなで歩こう!

楽しく元気に みんなで歩こう!

歩くサークル「てくてく」
竹島・加島支部

 ふれあい食事会のボランティアさんから「何か身体に良いことをしたいね」との声から、その場で歩くサークル「テクテク」が2001年に誕生し、19年目に入りました。
毎月最終の木曜午前が定例日です。ただ1年をとおして7月、8月(酷暑を避ける)12月(年度末)はお休みです。
行き先はその日の参加者で「次、どこ行こう?」と相談しながら、できるだけ往復の交通費が1000円前後で納まるように考えます。
また、年に1~2回くらいは歩く距離を短くして、工場見学を企画するなど少しお楽しみを盛り込んだりして、今までにチキンラーメン工場や、ミスタードーナツの工場見学をしました。
最初は少ない人数で始まりましたが、退職されたり、家に閉じこもっている人たちが参加し少しずつ増えてきて、お喋りしながら楽しくとっても賑やかに歩いてます。
参加条件は、往復3時間歩ける健康な方だったら、どなたでもご参加頂けます。

おしゃべりしながら 賑やかに19年!

最終の木曜、朝9時加島駅出発です。(降水確率50%以上で中止)
だいたい10人前後ですが、1人で運動するよりも大勢で運動する方が健康によいとされているので、ご興味のある方は是非ご参加下さい。

問合せ:ファミリークリニックなごみ
☎06-6300-5517

仲良く 楽しく 太極拳やってま~す!!

ひめしん支部 太極拳サークル

20年のあゆみ

1999年「健康友の会で太極拳をしよう」と声があがりました。その当時福島区にある民医連の「野田診療所友の会」太極拳経験者の藤原氏に相談したところ、会の立上げと指導に来て頂けることになりました。老人保健施設よどの里の2階デイサービスの施設も借りることができ18人でスタートしました。
それから20年、藤原氏、濱氏、山本氏と3代にわたって指導者は変わりました何とか続けています。節目には合宿練習をおこなっています。10年目の時は本場中国北京の天壇公園で現地の方々と演舞しました。
現在は18人いた当初のサークル員も高齢化の波などで8人と減ってしまいました。しかしみんな〝仲良く楽しく〞練習しています。

太極拳の健康効果

 太極拳のゆったりとした動作は身体の負担が少ないにもかかわらず、体重移動は足腰の筋肉を鍛え、バランス感覚を養い、転倒予防になります。体験者の実感では、身体が柔軟になり、怪我の防止、ストレス解消、メタボ解消になった等が挙げられています。
是非、太極拳に興味のある方は一緒に体験してみませんか。みなさんのご参加を心よりお待ちしています。

練習日時:毎週火曜日 午後7時~8時30分
会 場:介護老人保健施設よどの里2階
会 費:毎月1,000円(入会金1,000円)
問合せ:姫島診療所 ☎06-6473-5151

練習内容:ストレッチ、簡化二四式太極拳、八段錦、太極扇

太極扇の様子

「楽しい、やさしい、気軽に楽しく」が合言葉!

千北支部 健康吹き矢サークル

西淀川・淀川健康友の会は「健康で明るいまちづくり」をめざしています。2018年度の方針でも「地域の要求、会員の要求実現するサークル活動を活性化させ、仲間増やしにつなげます。」と訴えています。そこで随時健康友の会のサークルを紹介していきます。まずは、第一弾として、世間でも少しずつ話題になっているスポーツ吹矢のサークルを紹介します。

毎週月曜日 楽しい例会を 10年間つづけています。

千北支部の「健康吹き矢サークル」は2008年11月に健康友の会の班会から出発しました。京都から指導者に来てもらい、班の仲間を中心に6~7人で始めたのがきっかけで今日まで続いています。現在のサークル会員は5人です。会員のみなさんは「私は楽しいから来てるんや」「矢が真ん中に当たると気持ちがいいんやで」と笑顔で話してくれます。

定例日に集う「サークル」の仲間たち

「吹き矢は腹式呼吸と胸式呼吸をミックスして行い全身を活性化します。肺呼吸で呼吸を維持し、腹式呼吸で腸が刺激され年を取っても始めたころの体力を維持している」とサークル代表者の横山さんは言います。「本当は試合もあるようやけど、うちは(日本スポーツ吹矢協会に)入っていない。来たい人が来て楽しくやるのが一番だと思っている」とも語ります。年中行事としては花見や飲み会(診療所で)などの楽しい交流の行事も行われています。

サークル例会では1ラウンドで5本の矢を吹きますが。その時は誰もが緊張し集中しています。集中した後は会員同士が和やかに談笑します。集中と緩和がまた心地良いようです。「腰が少しくらい悪くても、足が少し痛くでも、楽しい時間をつくりたいと思っている方はぜひ一度見学にお越しください。」と横山さんは呼びかけています。

定例会:毎週月曜日
会 費:年500円(11月前払い。途中入会月割)
問合せ:06-6473-1864(千北診療所
服 装:気楽な服装で

スポーツ吹き矢でこんな健康効果が(スポーツ吹矢入門より)

  1. 血管のつまりや 動脈硬化を予防する
  2. 心を落ち着かせ、ストレスを解消
  3. 糖尿病の予防
  4. 高血圧の予防
  5. 脳の老化防止
  6. 喘息の改善
  7. 冷え症の改善
  8. 腰痛を予防
  9. 肩こりの改善
  10. 免疫力を高める
  11. 内臓機能の活発化
  12. 美肌・ダイエット効果

学んだ!!笑った!!当たった!!「新春のつどい」

学んだ!!笑った!!当たった!!「新春のつどい」

1月22日西淀川・淀川健康友の会はのざと診療所で「新春のつどい」を開催しました。合同する4つの法人の健康友の会からの参加もあり、会場には100人を超す会員、職員が集まりました。

まず最初は淀川勤労者厚生協会長瀬副理事長が「公益法人と淀協と健康友の会」をテーマに公益法人の説明と今後「健康友の会」へ期待する事について訴えを行いました。
健康体操では、健康運動指導士体操マスター上級指導員の野崎紀子さんの指導による健康体操の実演を行いました。その体操の楽しさに会場は大笑い。学習会の気分転換にはもってこいの楽しいものでした。
続いて、中村(西淀川・淀川健康友の会)事務局次長と西淀病院組織課前田さんによる消費税をテーマにした漫才を上演。息ぴったりの漫才に笑いながらも学べる内容に参加者一同が「うーん」とうなる場面もありました。
漫才の後は健康チャレンジグループエントリ―の方々の抽選会。24グループの代表が抽選を行いました。
抽選が済んだ後、中村事務局次長(健康づくり委員会委員長)が、2018年の健康チャレンジの講評を行いました。
「前年より少ない454人がエントリー。内263人が達成し(58.1%)、グループエントリーには38グループが挑戦し30グループが達成しました(78.9%)。
達成した人の振り返りシートには「チャレンジのおかげで規則正しい生活をおくれています」などの感想が象徴するように充実感と喜びの声が寄せられている事や、「例年に無く休肝日にチャレンジされる方が多く、その努力がうかがえる」と報告されていました。